目に見えにくい後遺症|後遺障害等級認定のしくみ
文字の大きさ小さく標準大きく
サイトマップ行政書士わかば事務所のご案内

目に見えにくい後遺症

目に見えやすい後遺症と目に見えにくい後遺症

後遺症には〔目に見えやすい後遺症〕と〔目に見えにくい後遺症〕があります。
〔目に見えやすい後遺症〕として、たとえば、関節を動かせる範囲が限られてしまったり、傷跡が残ったり、などがあります。認定基準が数値化されており、客観的にとらえることが可能です(だからといって後遺障害として軽い、という意味ではありません)。
一方、〔目に見えにくい後遺症〕に、いわゆるむちうちがあります。
むちうち(頚椎捻挫、外傷性頚部症候群など)で首の痛みと腕のしびれが残った場合、その痛みやしびれやは目に見えず、数値に表すことも困難です。そのため、〔目に見えにくい後遺症〕などと言われます。
〔目に見えにくい後遺症〕は、ときにその症状を客観的にとらえることが困難なため、数値化、可視化が困難です。
しかし、むちうちであっても、その症状・治療状況、検査所見次第では、等級が認定されている例は多数あります。

ポイントを押さえた手続きを

被害者請求と事前認定】のページで述べた通り、提出する書類・資料により認定が左右されるところ、〔目に見えにくい後遺症〕の場合は特に注意が必要と言えます。認定のポイントを押さえた手続きを進める必要があります。
手続きに当たっては経験豊富な交通事故の専門家(弁護士・行政書士)に相談されることをお勧めします。

→ 6.後遺障害等級認定の流れ

このページの先頭に戻る
お電話によるご相談〔042-512-7350〕メールによるご相談認定されたご依頼者様からメッセージをいただきました解決シュミレーション 〜ご相談例から解決までの流れをご紹介します〜